2018年04月22日

冬終い

昨日 今日と暑い日。
TVでニュース見ていると 半袖の人が多く 日差しも強くて本当に 夏が来たきたいでした。
幸い 家の中は25度くらいで ちょうどよく 動けば暑いけれど 汗をかくようではないです。

今日は こたつの 布団を洗いました。2組ぶん。
上掛け 下掛け・・・もう 4度も洗濯機まわして 根性で洗いました。
明日から 天気は下り坂というので 一気にやってしまいました。
明日は 18度とかで 涼しそうですが
もう こたつは いりません。

例年 連休くらいにやるので 今年は お花と同じく 少し早いです。
これから 近いうちに 夏物出して 布団の入れ替えとか
いろいろ 忙しい日々になりそうです。

亀戸天神の藤も満開のようで 今日あたりは天気もよく すごい人出だったのではないかと思います。
人ごみ はきらいなので 今年は パスですねーーー

都会だから こいのぼりなんか ないだろうなーー
と 思っていたら ビルの前に こいのぼり。
なんだか
ほほえましかったです。

郊外の団地に行くと ベランダに メザシのような 小さなこいのぼりがならんでいるのを 見ました。
あれもまた 風物詩。

季節の 行事があって 日本は 楽しい国です。
それに 行事ごとに 和菓子もあって いいですねー
洋菓子と違って 
職人さんが 伝統の味を受け継ぎ 工夫をこらした
季節の和菓子は 見ているだけでも 和みます。

そうだ。
和菓子屋さんに行こう!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月21日

貧血

若いころは 体重も38kgくらいしかなく 痩せていて顔色も悪くて 貧血と言われていましたが
あれから・・・○十年。それなりに 体重も増え 血液検査でも 貧血はありませんでした。

ところが 昨年の秋ごろから 血色素値がすこしずつ下がってきました。
様子をみながら 半年の間に 二度検査しましたが 計るたびに すこしずつ減っています。
赤血球や血小板は正常なので 原因をみつけるため 詳しい検査をしました。
消化器の出血がないかということで 便の潜血検査。
これは 正常でした。
炎症反応もありませんでした。

血清鉄と フェリチンという値が 下がっていました。
血液中の鉄分量です。
フェリチンというのは 貯蔵鉄。
骨や肝臓などに蓄えられている 鉄分。いわば 貯金のようなものです。
私に フェリチンは ほとんどなかったのです。
貯金ゼロ・・・
要するに 血液中の鉄分が減って 赤字になったので 貯蔵鉄を少しずつ消費して なくなってしまったというわけです。
貯金を使い果たしたという状態。
幸い破産前に 見つかったというわけです。
貧血の原因には いろいろあって
どこかで出血しているとか
免疫系の異常があるとか
慢性の炎症性疾患とか
激しいスポーツも原因の一つだそうです。
そして ビタミンB12、葉酸の不足によるもので鉄分不足とかです。

女性の7割が  鉄欠乏による貧血だそうです。
女性は生理があるから 貧血になりやすいですが
ダイエットだとか 肉は食べないとかで タンパク質不足になったり
菜食主義だとか いろいろな原因もあります。

普通の検査では フェリチンまでは調べませんから原因究明まではせず ああ〜貧血ですね。
くらいで 薬を処方されたり 食事の改善を言われたりする程度です。

私は最初  鉄剤を処方されました。
ところが 飲んだその日 激しい胃痛と吐き気に襲われて 飲むことができなくなりました。
それから 2か月ほど しばらく様子見でしたが 改善しないので
液体のものを 処方してもらいました。
要するに 子供のシロップです。
飲んだら なつかしい味がして 美味しい味でした。
一度に飲むわけにもいかず 3回にわけて 少量だけ。
胃が悪くならないように 食後すぐのみます。
これなら 無事 飲めそうです。

鉄剤の吸収は極めて不良で毎日、少ししか吸収されません
吸収された鉄は、ヘモグロビン合成に使われます
貧血が改善した後に、やっと 骨などに鉄の貯蔵が始まります
鉄の貯蔵が出来て、治療が終了しますが 数か月かかるそうです。

牛肉やマグロの赤身でもせっせと 食べます。
そして ビタミンB12.これは 鉄分の吸収をよくするそうです。

まぁ・・気長に続けることにします。
でも シロップは 美味しいから いいかぁ・・・・。

鉄欠乏貧血といっても 特に日常生活に差しさわりがあるわけでもないですが
やはり以前より  疲れやすいかも・・・
息切れもあるし まず 何事も面倒になってきて ずぼら度が増しました。
これは 性格のせいかもしれませんが・・・・・

マグロの刺身と ステーキ食べたい。。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月19日

課外授業

福岡の高校生の 朝課外の記事があって 朝早くてとてもつらいというようなことが書いてありました。
自由参加という建前ですが 朝7時半からの45分間の 課外授業は みな出席で休むわけにはいかない・・と。

実は 私が高校生の時も 朝課外はありました。
高校1年の2学期に それは 突如はじまりました。
4クラスあったのですが 入試の点数で すでに クラス分けが行われ そのうえ
1学期の成績で 再びクラス分けが行われ 入学時とは 違うクラスメイトです。

課外授業が 行われたのは そのうちの 上位クラスの1クラスだけ。
試験の成績がわるければ 容赦なく 入れ替えが行われるため
もう みな 上のクラスから 脱落しないよう 必死だったようです。

部活をやっていて 早朝練習に出ていた 私は 戸惑いました。
だって 課外授業に出なければ 教科書を進めていくので 正規の授業についていけなくなるからです。
そういう子は何人かいました。
最初は抵抗しましたが 先生からは責められ まわりから 浮き上がり みな 部活は諦めたようです。

早朝課外だけでは なく 放課後課外まで はじまって 完全に部活は不可能になりました。
2年間で 3年分の教科書を終え 残りは受験勉強。という体制になりました。

全国模試でも 100位以内が 何人もいるようなクラスでしたので
模試のたびに 順位表を張り出されました。

進学率があがったかといえば そうでもなかったようです。
関東に進学する人はそう多くないので有名大学というわけでもなく 京都 大阪や 名古屋 金沢がメインでした。
東京に出る人は少なかったです。

田舎なので 塾も予備校もなかったので せめて 学校で受験勉強を・・と 思ったのかもしれません。
私など
1分でも 寝ていたいほうで 登校はぎりぎりでしたから 課外はとても いやでした。
でも バスや電車で通学してくる子もたくさんいて 大変だなぁ〜と 思っていましたが
選ばれることそのものが 嬉しいようで そういう子に限って 遅刻などしないで 登校していましたね。

クラスメイトは そんなに絆があったとは思えない雰囲気で 何事も 無関心が多かったですね。
だいいち 卒業後 同級会など一度も開かれなかったのですからね・・・
みな ライバルだったのですから しかたないか。。。。

早朝 放課後 課外授業。
たぶん 東京では考えられないだろうなーーー
みな それぞれ 塾や予備校にいくのだもの。
学校の授業なんか とっくにクリアーしていそうです。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月18日

フレンチ

以前 大田区に住んでいた時は 何かの記念日に 予約を入れてフランス料理店に食事に行ったこともありますが 最近は まったくなくなりました。
理由は めんどう・・・
わざわざ 出かけるのも 予約入れるのも めんどうなのです。
高級フレンチ店は 1か月以上前に 予約入れないといけないし 
マナーもなかなか 大変で ボーイさんも担当があって 常に見張られているようで リラックスして 食べるという雰囲気じゃないので面倒になってきました。
それに お酒も飲めないしね〜
第一 着ていく服もない。。。。

カジュアルフレンチなら そう堅苦しいこともないのですが
洋食に毛が生えた程度のものを 予約してまで 行く気がしないです。

実家のある街に しゃれた フランス料理店ができました。

麻布に何軒かお店を開いている シェフが開いた店だとかで
一日何組かの 完全予約制。

アメリカ在住の 知人が帰国時 そのシェフと 懇意にしていて 実家の兄たちを招待してくれたそうです。
麻布の店など 気軽に行けるところではないし え〜いいなぁ〜などと 思っていました。

「どうだった?美味しかった?」と聞くと
「うまかったけど 一口ずつで 何食べているか よくわからんし・・・○○さんは ワインを選んでくれたけれど 俺飲めないし。でも 高そうな ワインだった・・・」と。
あげくのはて
「あんなので 食べられないから 箸くれ・・て 言って 箸で食べたわ。」
「え?・・・・・・・・」
ご立派です。本格フレンチで 箸くれ・・・は 誰にもまねのできないことです。
連れていった ○○さんも 驚いたことでしょうね。
そこまで 開き直るなんて 大笑いです。

まぁね。
田舎で フレンチ店開いたらそんなものでしょうね。
どんな 客層を目当てにしているのかは 知りませんが 物珍しさに 地元の人も 一度は行くかもしれませんが
リピートというわけにもいかないでしょう。
お値段は ○万円と 高いですから。
カジュアルフレンチではない店です。
ワインも頼んでもらわなきゃ 儲かりません。
「お冷!」というわけにも 行かず お酒のめないなら ミネラルウォーター頼まなきゃ・・・
水と空気は タダ という 暮らしが当たり前の 人たちに 通用するかどうか です。

魚も米も 水も野菜も 肉も とっても 美味しいところですから
そりゃ 食材に不自由なく 美味しい料理はできると思います。
でも・・
ただの 米と魚の焼いたのと 漬物だけでも すごく美味しい田舎で 
フランス料理が どこまで 頑張れるか・・・しばし 見守りましょうかね。

これが 都会なら 心配ないですけどね〜
なんせ 田舎なもので。。。。。。
私も 帰省しても たぶん 行かないな。
地のもの 美味しい魚買ってたべたほうがいいもの。
好みも変わり
最近 フレンチより 和食が食べたいと思うようになっています。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月16日

コンタミ

コンタミというのは コンタミネーション(英語: contamination)のこと。
特に科学実験の場における汚染のことで「 実験汚染」「実験室汚染」「試料汚染」などの訳語があてられる場合もある。
ちょっといたことで実験中の 試料に異物が混入したりして 汚染されることです。
こんな本を読みました。
contam.JPG
コンタミ 科学汚染 
出版者東京 講談社   2018/3/21
伊与原 新 (著)

内容紹介
【注】 この本には、「信じたくない」真実が含まれています。
「ニセ科学」――それは、根拠のないでたらめな科学用語をちりばめた、科学を装う「まがいもの」。

大学院生の圭は、指導教員の宇賀神と共に、ニセ科学批判の急先鋒である蓮見教授の元を訪れる。そこで告げられたのは、宇賀神のライバルであり、想い人でもあった女性研究者・美冬に関する信じ難い事実だった。神秘の深海パワーで飲むだけでがんが治る、「万能深海酵母群」。「VEDY」と名付けられたニセ科学商品の開発に手を貸し、行方をくらませたのだ。ニセ科学を扱うことは、研究者にとって「死」に等しい。なぜ彼女は悪魔の研究に手を染めたのか?圭は宇賀神に命じられ、美冬の消息を追うが…。すべての真相が明らかになるとき、「理性」と「感情」のジレンマが、哀しい現実を突きつける―。善意に付け込む、汚染された科学を暴く、サイエンス・サスペンス!東京大学大学院出身の著者が放つ、衝撃作。

あなたは、真実を知る覚悟はありますか?

というような 出版社の内容紹介なのですが 要するに 巷にはびこる ニセ科学をテーマにした小説です。
小説で 偽名になってはいますが その商品が簡単に想像できるのが おもしろいというか ニセ科学商品が普及しているということなんです。
人の弱みに付け込み 善意に付け込み イワシの頭のごとく 信じる者は救われる みたいなことで 高価な商品を売りつけている業界が多いこと 多いこと・・・
がんが治る 美容にいい ○○病が改善される・・・藁をもすがる 人たちの心にうまく入り込んでいきます。
科学汚染 と同じですね。
放射能が消える 水が浄化される・・・ああ〜これは ○○菌のことだって すぐわかります。
美容○○棒だの ○○水だの すぐ 商品名が浮かぶのが 怖い・・・・

神社のお守りのごとく 信じれば力強い味方になるってこともあるし 
プラセボ効果というのもあるし
騙されやすい人もいるし 
暗示みたいなこともあるし
信じる信じないは その人の自由だし とやかく言うことではありませんが
弱みに付け込み 高価格で売りつけるのは ちょっと許せない。
信じて亡くなった人もいるから 困るのです。

血流がよくなるという 磁気○○ですが
血液中の赤血球にヘモグロビンが含まれていて、そのヘモグロビンは鉄を含んでいるから磁力に反応するということなんでしょうが 血液成分はイオン化されていて そういうことにはなりません。
もし、血液が磁石に影響されるとしたら、赤血球が磁力によって引きつけられて血管壁にくっ付いてしまって脳梗塞にでもなりそうですし MRI検査の時は どうなるんでしょーーー想像するだけで 笑えます。
実は様々な研究によって血液は磁力に影響を受けないという結果もでています。
でも おまじないのように スポーツ選手などは ネックレスしていますよね。
あれはまさに おまじないの域か スポンサー関係でしょうね。

私の知人に ニセ科学を信じて 奥さんががんになったとき 積極的治療を受けさせず 自分が心酔する
○○水と ○○ヘルツという電磁波を電話で送って 治すということを信じ切って 亡くなってしまいました。
初期がんですぐ 手術すれば よくなったと思います。
電話は1回 2万円とかで・・・
冷静に考えれば そんな馬鹿な事。。。って気が付くはずなのですが もう心から 信じている人には 何を言ってもダメなようです。
電話線で 電磁波送れるなら 世の中大変なことになりますよねーーー
しかも それが 治療だなんて・・・・それやっているの 医師免許もったひとです。

目に見えないもの 測定できないものを いいことに あたかも真実のように 広めるのは
コンタミですよ。
まっとうな 科学が汚染され 否定されてしまいます。

この本は 信じたくない真実とともに 「理性」と「感情」のジレンマをも描いています。
人の心って 弱くてもろいものですね・・・・

タグ:読書
posted by うめのはな at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2018年04月15日

へそくり

家族はつらいよ3 という本を読みました。
山田洋次 監督のシリーズもの映画の小説化本です。

嫁いで20年。三世代を支える 主婦がある日 居眠りをしていたすきに 泥棒に入られ なけなしのへそくりを盗まれてしまった ことから騒動が起こります。
盗まれた 金額は40万ほど。
20年間こつこつとためた へそくりです。
それも 自分のためには使わず いざというときのために貯めたもの。
年に2万円。月に2千円弱。
たったそれだけのことなのに 夫は 「俺に内緒で 40万もためていたとは けしからん!!」と 責めます。
「誰が 稼いだ金なのか!それを 黙って 40万も隠し持っていたなど 許せん!」などと 怒ります。
謝罪も受け入れない 夫に 愛想をつかし 思わず家を飛び出した・・・というような お話です。
一家の主婦が いなくなって 家族はとたんに困ります。
食事のしたく以外の こまごまとした家事をどうやっていいかもわからず お手上げ。
掃除 洗濯 買いもの 料理のほかに 子供の世話 老人の世話 夫の世話 庭の手入れ ご近所付き合い 様々な仕事があります。
それを まいにち まいにち 繰り返した苦労は 外で仕事をしている 夫には とうていわかってもらえるものではありません。
「俺が食わせてやっている」
そんな 言葉が出てくることが 時代錯誤なのです。
今の 若い世代は 共働きで それぞれの役割も 分担して うまくやっているらしいですが
もっと 上の世代は そうじゃありませんからねぇ〜

男は女より えらいんだ・・って 感覚が抜けないから
平気で セクハラ 男女差別が おこるのです。
そういう 男は 痛い目に合わせないと わからないのです。

さて へそくりですが
20年で 40万は少ないです。月2000円ですものね。
子供の おこずかいにもなりません。

夫が 家族が急な病気で 運ばれた。
お金が必要だ ってことで いざというときのために へそくりしている 主婦が多いです。
決して 自分で使うためではありません。
そりゃ 喧嘩して 家を出たときのため・・ってのも あるでしょうけどね。

あるニュースでは 主婦のへそくり平均は「400万円超」とも言われてます。
多いと思うでしょうがそうでもないです。
30年以上 だと 月平均1万円ちょっとのへそくり ってことです。
災害など 緊急時には このへそくりが とてもやくにたちます。
だって ATMが動かなくて 現金がなくて 困ることもありますからね。

夫が 寝たきりになった 意思表示ができない。
銀行にお金を出しに行けない。
認知症になったり 急死したときは 口座凍結されて お金が出せません。
そんなときのために 賢い主婦は へそくりをしているのです。
いつもいつも 平穏な日々だとは 限らないのです。
私?
別に 内緒にしているわけではないので
へそくりといえるかどうかはわかりませんが いざというときのための 現金は持っています。

しかし・・・・泥棒と
オレオレ詐欺には ご用心!!
ですね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月14日

忘れられない出来事

最近 タレントさんが 舞台のセリに落ちて怪我をしたとか 看板が当たって腰の骨を折ったとかいうニュースを見ました。
特に 腰の骨折というのは 激痛らしいですね。
経験がないので わかりませんが ぎっくり腰でも 激痛で動けないのだから 相当な痛みだとは想像できます。

私が 中1のとき 鉄筋コンクリート3階建ての校舎1Fで 始業のベルがなって 先生が来るのを待っていたときです。
なにげなく 窓の外をみた瞬間。
大きな黒いものが ふわっと落ちてきて・・・どすんと音がしました。
みた瞬間 人だ!とわかりました。
窓際の生徒は窓から外をのぞき込み 大騒ぎ。
そうです。
3Fから 3年生の女子が落ちてきたのです。
あとになって聞いたのですが ひさしに落ちた手帳を拾おうとして 落ちたとか。
ヒダスカートが落下傘のようになって 頭からではなく 尻から落ちたのが幸いといいましょうか・・・
教室に入ってきた 先生は すぐさま 窓からひょいと飛び出て 生徒のそばにいきました。
窓をしめるように言われ その後のことは わかりませんが
あちこちから 教師が飛び出してきて 大騒ぎ。
そのうち 救急車が到着し 教師も教室に戻ってきましたが
みな 心穏やかではなく 授業にはなりませんでした。
その生徒は 骨盤骨折で命には別状なく 半年ほどで復帰したそうです。
ショックな出来事で その 記憶はいつまでたってもわすれません。

もうひとつ ありありと思いだす出来事があります。
高校生の時の 学園祭のあとの 夜のキャンプファイヤーでの出来事です。
わたしなどはいつも 一番前に陣取っているのですが。
全員が集まり 組まれた大きな 木のキャンプファイヤーに火をつけるのが 毎年恒例の行事になっていました。
その火のまわりで 男女でフォークダンスを踊るのです。
学園祭委員長が 白いふわりとした 女神風の布を着て たいまつで 火をつけた その瞬間・・・・
体中に火が燃え移り 目の前で 火だるまになりました。
火が あっという間もなく 燃えうつり・・・え?と思った瞬間 よこに いた体育教師が 飛び出してきて 体を覆い
土の上をころがり 火を消そうとしました。
だれかが 水をかけるまではそうしていたと思います。
火が消えて みなが 心配そうに見守る中 救急車が呼ばれ 二人共 運ばれていきました。
組まれていた 木の着火点に灯油をまいたとき 量が多くてあちこち 地面にこぼれてしまったのを そのままにしていたのが原因だったそうです。
さいわい やけどですんだそうですが 結構ひどいやけどだったそうです。
教師は ジャージを着ていたので それが熱で溶けて ちょっとひどいやけどだったそうで
長い間休職していました。
その日の行事はそこで 中止。解散となりました。

そんな出来事があったので 翌年からは 中止かと思いましたがキャンプファイヤーは伝統行事でそのあとも続けられました。

二度もショックな出来事があって
その出来事だけは はっきりとした記憶で残っています。

事故って ちょっとした 油断で起こるものです。
注意していても 不可抗力ってこともあります。
どこで 何が起こるかわかりません。
無事でいるのが 幸運だと 思えます。
平穏が 一番いい・・

続きを読む
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:07| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月13日

イケメン

昨日きた水道工事のお兄さんが 若くて背が高くて 岡田准一似の イケメンでした。
夫に 今日来たお兄さん イケメンだったねぇ〜
というと
「あれが イケメンって いうのか?」などと いう言葉が返ってきました。
「だって 岡田准一に似ているし ああいうの 濃い顔っていうから イケメンでしょうが〜」
「いや イケメンって ああいうのが?」
「だったら どういうのが イケメンっていうのさ?」
「・・・・・」
どうも 私とはイケメンの基準が違うようで 話が合いません。
もしかしたら イケメンというのは 今はやりのハーフの子のようなのを想像しているのでは?と チラッと思いましたが
私は あれは イケメンではなくて 見た目 可愛い・・・というものです。

では 女性はどうかというと
時々 TVを見ていて 
「あれは 日本一の美少女コンテストで優勝した子だ」とかいうので じっと見て・・
「どれが?どこが?美少女?」と私。
そもそもああいうコンテストは プロダクションの力関係もあって 皆が納得できるものとは 言い難いのです。
女優さんでも
「日本一の美人といわれる人だ」と 女優さんの名をいいますが
「へ?あれが?」と いうのが 私。
そもそも 整形美女は見てもわかるし 作られた顔も好きじゃないので どうも ピンとこないのです。

男と女では 見え方が 違うのかもしれないと
最近思います。
まぁ 好みもあるでしょうけどね〜〜
特に 好きな タレントもいないし興味はないし 別にいいのだけれどね。

スケートの羽生選手が 毎日ヒゲを剃るという 記事を見た 追っかけファンのおばさまたちが
ショックを受けて 卒倒しそうなくらい 驚いた という記事を見ました。
そりゃ〜
男だもの そのくらい当たり前なのに 神聖化していて 考えられない!!って ことになったのでしょう。

「人間だもの・・・ ひげも剃るし トイレにもいく」 
って みつお風の言葉で・・・・。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月12日

ぶつぶつ独り言

今日は 暑いです。
午前中 キッチンのシングルレバー水栓の交換作業がありました。
ピカピカの新品になりました。
10年くらい使っていたのだから そろそろ交換時期でした。
無料で交換工事までしてもらえるから ありがたいことです。

根津神社の つつじも見ごろだそうですし
亀戸天神の 藤も6分咲になっているようです。
例年なら 4月末から 連休にかけてみごろで どっと人が押し寄せるのですが
今年は はやくて みなさん戸惑っているようです。
何もかもが 花開くのがはやいです。

花もいいのだけれど やはり今年は 檜の花粉もPM2.5もひどいです。
なかなか外を出歩く 勇気がでません。

行きたいところは いろいろあるけれど 予約がめんどくさかったりします。
この頃は 以前 行っていた レストランなども予約じゃないと 受け付けてもらえません。
有名店は どこも 当日ではダメになっています。
お金さえ はらえば いいんでしょーーって わけにはいきません。
さりげなく 服装や バッグ 靴のチェックされて 「満席です」といわれるのが オチです。

江戸博物館も改修がおわり オープンしましたが
1Fのレストランが イタリアンから 三笠会館になっていたのには 驚きました。

庭園美術館も今 庭園が完成し 朝香宮邸の公開ちゅうなのです。
ここは 何度も見ていて 内部見学より 庭園に興味があるかな・・・
以前 金田中が 経営していた レストランが南青山のフランス料理の老舗、ロアラブッシュの姉妹店になったそうで
なかなか 予約がとりにくいと言っていました。
庶民がふらりと 入れる場所じゃなくなってしまいました。

どうせなら 今 改修中の 現代美術館も 素敵なフレンチ店になると いいな〜
近いから 当日予約でも 行ける〜

どこが 過疎化かというくらい 人が多くなっていて
人ごみのきらいな 私には
出かけるのが おっくうになりました。

いいのか わるいのか・・・
景気がいいのか 悪いのか・・
どうにもよくわからないです。


タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年04月11日

八重桜

窓の外をみれば ピンクの八重桜が 満開で・・・はやいなぁ〜と。
今年はどこも 1週間ほどはやく満開になっているそうです。
yezkam (3).JPG
ソメイヨシノもいいけれど 八重のさくらは 豪華でこれもまた いいですね。
今朝のニュースでは 大阪造幣局の桜の通り抜けもはじまったと言っていました。
桜の トンネルは これまたすばらしいです。
東京にだってありますが 桜といえば ソメイヨシノで 賑わって 八重のほうは それほど注目はされません。
yezkam (1).jpg
亀戸中央公園は 八重桜のトンネルがあります。
yezkam (2).jpg
やはり 豪華ですね〜
八重桜は 新宿御苑が有名です。
何度か行きましたけど こういうトンネルという感じはなかったです。
でも 種類がものすごく多いです。
もう ちょっと御苑までは 行く気ないなぁ・・・
近くにこんな場所があるのですものね。
隠れた名所かも。
タグ:
posted by うめのはな at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区